2018年 2代目ekワゴン(H82W型)買取・査定相場

 

無料査定愛車の最高額がすぐわかる!

↓↓PC・スマホで簡単入力↓↓

 

 

 

2代目ekワゴン(型式:H82W)は、2006年〜2013年まで三菱自動車で生産・販売されていたモデルになります。

 

販売終了から5年ほど経ち、現在、中古車市場での流通も豊富なのがこのモデルです。

 

・飽きのこないシンプルデザイン

 

・実用性が高く人気のトールワゴンタイプ

 

・軽乗用車で初のパワースライドドアを採用(一部グレード)

 

最新型に比べて地味な存在ではあるものの、上記のように「売れ筋の条件」を備えていることから、中古車として高い需要がある一台です。

 

軽自動車は走行距離が多少多くてもマイナス査定になりにくいため、外装と内装に大きな傷みがなければ期待以上の査定額が出る可能性があります。

 

 

2代目ekワゴン買取事例

新車価格

中古車価格

買取価格

98.2 〜 124.5万円

19 〜 84万前後

13 〜 58万前後

 

 

2018年 2代目ekワゴンの買取事例

 

ekワゴン MX
査定額:38.5万円
年式:2013年
走行距離:2.4万km
色:ボルドー
装備:社外ナビ ETC

 

ekワゴン M 4WD
査定額:54.6万円
年式:2012年
走行距離:1.4万km
色:白
装備:CDオーディオ

 

ekワゴン GS 4WD 禁煙車/ワンオーナー
査定額:44.3万円
年式:2008年
走行距離:3.3万km
色:深銀
装備:寒冷地仕様(シートヒーター等)

 

関連ページ

初代ekワゴン(H81W型)
2018年版の初代ekワゴン(H81W型)買取・査定相場を掲載しています。初代ekワゴン(型式:H81W)は、2001年〜2006年まで生産・販売されていたモデルになります。販売終了から10年以上経つことから、高年式モデルに比べて高額査定は期待できませんが、安定した需要があります。
3代目ekワゴン(B11W型)
2018年版の3代目ekワゴン(B11W型)の買取・査定相場を掲載しています。3代目ekワゴン(B11W型)は、2013年〜現在にかけて生産・販売されている最新モデルです。先代モデルから全高とホイールベースを拡大して、居住性・積載性を高めた軽トールワゴンとして生まれ変わりました。洗練されたスタイリングと高級感のあるインテリアなど、他メーカーの軽自動車にはない特徴を持つ人気車種です。中古車人気・査定相場ともに高く、どの年式でも納得のいく買取額を出してもらうことができるでしょう。
ekカスタム(B11W型)
2018年版のekカスタム(B11W型)の買取・査定相場を掲載しています。ekカスタム(B11W型)は、2013年にデビューした三菱の最新軽自動車です。先代ekシリーズのスポーティモデル「ekスポーツ」の後継モデルで、ekワゴンとは外観や装備面で差別化されています。迫力のあるフロントマスクは若者人気、男性人気が高く、ベースモデル以上の高額査定が期待できる一台です。